読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気がつくと一等地のステーキハウスでフルコースを食べていた

な… 何を言っているのか わからねーと思うが. おれも 何でこうなったのか わからない・・・・・・。

ITのイベントのボランティアスタッフをしてきました。担当は受付・アンケートの配布と回収・各種お問い合わせ対応。

学校の外のイベントなので、みんな容赦なく英語をノーマルスピードで話します。

→平均して20%くらいしか、話してることがわからない!!!

こんなんでスタッフが務まりますか。務まりませんね。。。 いろんな英語名に親しんでいないのでちょっとめずらしい名前になるともう聞き取れない。 そもそも、こういうときこう言う!というような、定型文を知らない。今日は寒いねとか、ご機嫌どうとか、そういうちょっとした話ができない。

でもなんとかなりました。とにかく周りの人が優しくて、英語ができないことには何も言わず、たくさん助けてもらいました。すてき。

ボランティアスタッフと言うと、過酷そうな気がしちゃいますが、仕事はそんなに大変じゃなくて、いろんなウマミがあります。 まずこのイベントの場合は、入場料(7万円)を支払わず、いろんなプレゼンを聞くことができることが大きい。まあ7万円の参加費ともなれば、来てる人たちもだいたい会社が研修費として払ってるみたいですけどね。

また、うまくやれればすごい人と知り合うことができて、就職先を見つけたり、投資家を見つけたり、いいことがあるかも?

オープニングパーティやIoTの勉強会にも参加できたらしい。

そして、

ご飯です。表題の件です。

昼食はホテルのコース。日本で食べるならたぶん3000円くらいするようなもの。もちろん美味しい。

そしてスタッフだけのディナーに招待された人に招待されて、一等地のステーキハウスで、ディナー。 そのお店はどこからどうみても素敵すぎて、いつかここでディナーをしてみたいと、毎日のようにように思っていたところでした。まさかのまさか!

夢は叶う!!

言うまでもなく、素晴らしい食事となりました。ああ、幸せ。食べるって幸せ。 ディナーのときの会話が速くて速くて、このひとたちすごく英語できるって思ったら、USAから来たひとたちでした。ははは・・・ そもそもディナーに行った経緯もよくわかってなくて、とにかく何言ってるのかわからないなーと思ってついていったら豪華パーティだったという。

前よりは英語できるようになったけど、やっぱりまだまだなので精進します。


受付では、スピーカーか、出展者か、ビジターに名札を渡すんですけど、やはりというか、スピーカーの人はかっこいい。聞く前からスピーカーだなってわかる人が多い。

たしかな自信に満ちあふれていて、自由闊達に見える。

そういう人にわたしもなりたい。

わくわくウィスラー記

2つの山を豪快に使った、世界的にも有名なスキーリゾート、ウィスラーに行ってきました!

何よりも先に言いたいのは、

ヘルメット借りておいてよかった。

ヘルメット借りておいて本当によかった。

ちなみにわたしは日本でスキー・スノボ合わせて10回ほど行ったことがあるくらいの、いわば初心者に毛が生えた程度のスキーヤー。 そんな実力で中級者コースに間違って入ったのが運の尽き。

率直に死ぬかと思いました。

スキーが超うまい友人についていった中級者コースで転び、頭を強か打ち付け、急勾配が怖くて怖くて進めず、かといって登ることも、スキー無しで下ることにも命の危機を感じるくらい雪が深く、他のスキーヤーに助けてもらったり、山を降りるゴンドラにたどりつけずスノーモービルで運んでもらったりしました。しかし楽しかった!!

ずっと、人生でわたしを応援してくれた人たちの顔と言葉を思い浮かべながらがんばりました・・・これが走馬灯なんだなと思いました。。。

うちの先生の名言

「Don't be scared! Snow is soft. It's like your bed! Just a little cold(そんなわけあるか!!)」

「Have fun!! (スタッフがわたしを運んでくれる予定のスノーモービルを指差しながら。実際楽しかった)」

スキー場として、ウィスラーは申し分が無いです。

制限のほとんどないスキーエリア、なんともフカフカの雪、バンクーバーから約2時間程度とは思えない、雄大な自然の眺め。

転んだらすぐ後ろの人に轢かれそうだとか、雪がツルツルに凍ってて困るとか痛いとか、そんなことはここではありえない。 スピードが上がるのが怖いわたしでもかつてないスピードが出せましたし、その疾走感や風が気持ちいいと思えました。

おすすめです、ウィスラー。

細かいことだけれど、ゴンドラ・リフト券が非接触式ICカードだったのはびっくりしました。電車の一日切符も非接触式ICカードですし、使い捨てになるもので非接触式ICカードを使うのは日本では一般的でない気がして。


月並みな話だけれども、山って人生みたいだと思う。

選んだ道を正しいと信じて進むしかないし、間違ったと気づいたり疲れたりして降りるのだって一苦労だ。

バンクーバーオペラ

人生初のオペラに行ってきました! 演目はヘンゼルとグレーテル、小さい子を持つファミリー層向けというかんじでしたが、初オペラにはちょうどよかったかも。

一番安いチケットを買ったので、どんなに遠いところから見ることになるかと思いきや、舞台は歌舞伎座どころか川口市どころか習志野市の市民ホールより小さいのではという大きさ。音楽をダイレクトに感じられるし、舞台はよく見えるし、良さを満喫できました。

地元の人の笑いのポイントがだいたいわからなかったけれど、一箇所だけ一緒に笑えてうふふとなりました。

こちらでは本当に5時に帰れるそうです。。ほんとうに本当に?どうも、ほんとらしい。

もう2ヶ月

こちらに来てから、早くも2ヶ月が経ちました。 信じられないようだけど、さもありなんという気もします。

4時半には日が暮れるようになり、毎日のように雨が降るような冬ですが

おいしいものを食べに行ったり、ホッケー体験をしてみたり、充実した日々。

日本でも季節のイベントやハイキングはたくさんあるわけだから、その中でも大して代わり映えしない生活をしていたのは自分だったのだなあと不思議な気持ち。やる気の問題…。

最近嬉しかったことは英語話すのが速くなったねって言われたこと。クラスのレベルも(みんなが上がれるようなテストだけれど)上がれることが決定しました!嬉しい!

それと単語帳やっといてよかったなって思うことが多いので、暇な時間には単語帳アプリを読み進めています。

広告を非表示にする

今週は試験

遊んでばかりの日々ですが今週は試験があるのでがんばって勉強しないとです。

遊んでる日は遊んでる日で、勉強する日は勉強する日で、ブログをほぼ書いてないですが、色々知ったカナダ情報をもっとちゃんとしたものにしてまとめたいなあと思う日々。 12月半ばまでやることが多いので、、、うーん、、、、、、どうしてわたしは日々を忙しくしてしまうのだろう。

広告を非表示にする